手ぬぐいとは

湿気の多い日本の夏、その風土から手ぬぐいは生まれました。汗を拭き取ったあとの爽快感はタオルでは味わえないものです。吸水性が良く、乾きやすく、かさばりません。

この日本独自の手ぬぐい、昔からいろいろな用途に使われてきましたが、現代の生活の中でも、さまざまなシーンで活躍するスグレモノです。

    お風呂で身体を洗う
    タオルやハンカチの代わりに汗を拭いたり、顔や手を拭く
・ 首にまいて日焼け防止や防寒をする
    バンダナやスカーフのように頭にかぶったり首に巻く
    布巾や食器の覆い、重ねる食器の間に挟んでクッションにする
    額に入れたり、タペストリーにして飾る
    2〜3枚縫い合わせて暖簾にする
    ひざ掛けや肩掛けに
    テーブルセンター、ランチョンマット、ナフキンに
    風呂敷のように物を包む(日本酒やワインなども)
    踊りや、乾布摩擦

などなど・・・

使用例

申込書
手ぬぐいとは
法律に基づく表記
携帯サイト
トップページ
手ぬぐいの製造方法
料金・お支払い・送付


お問合せ
購入方法
販売商品一覧
わらくの手ぬぐいとは