2002年7月7日改定

今回のトピックスを紹介します。

(6) 小田原コロナ・ワールドの計画変更が一部明らかに!

 


敷地が予定されているJR貨物駅入り口。
(東海道線がすぐ横を通り、北側は巡礼街道が通る)

親木橋方面の入り口を現在急ピッチで工事中。






先に報告したコロナ・ワールドの一部、計画変更が明らかになった。以下に詳細を報告する。(タウンニュース小田原版/No.1006 平成14年7月6日)
 

 コロナ・ワールドの北西近くに、9スクリーン1800席を持つダイナシティ シネマが2002年12月に誕生する予定である。当初は、コロナ・ワールドも12月の開催を予定していたが上記のような見直しの必要に迫られ、4ヶ月ほど、遅れる模様。本来、この地区に大型シネマが2つも必要か、という議論があり、同時期の開催を予定していた当初は、その動向が注目されたが、今回の4ヶ月の開催のずれにより、両シネマにどんな影響が発生するか。基本的には、先行有利であろう。また、地理的にもダイナシティという大きなバックを控えてのダイナシティシネマのオープンと、やや離れたシティモールと隣接する地域での開館。

  開館時期と地理的関係、今後の両者の動向を注意深く見守っていきたい。

(関連URL)

 http://www.townnews.co.jp/020area_page/04_sat/02_odaw/07_06/odaw_top1.html